テレクラで知り合ったドM女とテレセ&トイレ中出しエッチした体験


テレクラでドエロ女をゲット!

私がテレクラを使い始めたのは、学生の頃です。当時私は実家暮らしで、アルバイトをしていてお金もあり、そして性欲が人一倍強かったものですから、テレクラに限らず様々なアダルトサイトを利用していました。テレクラの利用頻度は、それほど高くはなかったですね。何しろ料金が高いものですから。

しかし家族が家をあけていて心置きなく女性とエッチな会話ができるとなったときには、無性にテレクラをやりたくなったものです。実際に家にひとりになったときにテレクラを利用することは結構ありました。電話をかけても中々相手してくれる女性が見つからなかったこともありますが、色々とおいしい思いもさせてもらいましたね。

そんななかでいちばん印象に残っているのは、Yさんとのテレフォンセックスです。彼女は当時29歳で、ノリが良く、私がテレフォンセックスに誘うと二つ返事でOKしてくれました。もともとそういう目的だったのかもしれません。こうすんなり行くことも多くないので、いつも以上に張り切ったのを覚えています。

まずは服の上から胸を触ってもらい、下をいじってもらいます。Yさんは年齢のわりには声が若く、そのギャップが良かったのですが、何よりこの人ドMだったんです。ちょっとエッチな声が漏れてきたかと思うと、「なんでも言うこと聞きます」「命令してください」「いじめてください」とおねだりしてくるんです。

私はどちらかといえば年上のお姉さんに手ほどきを受けるシチュエーションのほうが興奮するんですが、そのときばかりは、こいつを徹底的にいじめてやろうと思いましたね。「なんでも言うこと聞くんだね?」と言うと、彼女は「はい」と返事します。そこで私は、彼女に棒状のものを探すように言いました。彼女が用意したのはスティック糊。私はそれでクリトリスをいじるように言いました。「絶対入れるなよ」と命令して。

そのうち彼女は我慢できなくなってきたらしく、「入れたいです」と言います。私はさらに命令しました。「じゃあお願いしろ。○○くんのおちんちん入れてくださいって」すると彼女はそのとおりの言葉を言ってくれます。そこからはまあ楽しかったですね。こういう台詞を言えと命令すれば、なんでも言ってくれるんですから。「種付けしてください」とか「子宮にぶっかけてください」とか色々。

途中で角オナをさせたり、パンツを頭にかぶらせたりしながらプレイを進め、最後はタイミングを合わせて二人一緒に果てました。テレフォンセックスであれほど興奮したことはあとにも先にもありません。

連絡先を交換し……

プレイが終わると私たちは連絡先を交換しました。二人とも気持ちよくなれたので、互いに相性が良いと判断したんですよね。それからというもの、彼女とは時々電話をしてテレフォンセックスをする仲となり、その一ヶ月後には会うことになりました。

とんでもない不細工が来たらどうしようと思いましたが、やってきたのはまあ普通くらいの女性。どこにでもいそうなOLさん、といった感じでしょうか。取り立てて美人というわけではないですが、セックスするんだったらこのくらいがちょうどいいかな、という感じの方です。

会って食事をして散歩してと色々やったのですが、私の頭の中はセックスのことでいっぱい。とうとう堪えきれなくなり、とある公園に差し掛かったところで、彼女をトイレに連れ込みました。彼女もそれを期待していたのでしょうか、私がキスをすると自ら舌を絡めてきます。前戯もそこそこに立ちバックで挿入し、私は興奮のあまり中に精液をぶちまけてしまいました。妊娠しなかったから良かったものの、これからは気をつけようと心から反省したものです。

Yさんとはそれからしばらくセフレの関係が続きましたが、ある日とつぜん音信不通になり、会うことはなくなりました。もう一度彼女とテレフォンセックスやトイレセックスをできたらどんなに良いか、と今でも妄想することがありますね。

今回、オイシイ思いをさせたいただいたテレクラがコチラ